江戸川八十八ヶ所巡拝 鰭ヶ崎の雷神社(44番)&横須賀の正福寺(38番&74番)

(令和4年5月6日その7)
江戸川八十八ヶ所巡拝、続・鰭ヶ崎の東福寺(1番&21番&29番&44番&51番&88番&89番)の次は、鰭ヶ崎の雷神社(44番)、続けて、横須賀の女体神社と正福寺(38番&74番)に参ります。
東福寺の山門から階段参道を下りて、千葉県道280号線に出て左折(東行)し、次に道なり右カーブし、突き当りの三叉路は左折しますと、左手に雷神社です。

鰭ヶ崎の雷神社

雷神社、流山市鰭ケ崎1767番地。(千葉県の宗教法人名簿より)
江戸川八十八ヶ所44番。

鰭ヶ崎の雷神社参道
鰭ヶ崎の雷神社参道
この日は工事してました。
鰭ヶ崎の雷神社鳥居・拝殿
鰭ヶ崎の雷神社鳥居・拝殿
本殿の左後方に、境内社として、複数の社があります。
鰭ヶ崎の雷神社境内社
鰭ヶ崎の雷神社境内社
こちらには拝殿の右から回り込みます。
昭和初期の資料に拠れば、44番札所は六所権現となっています。上記の境内社が、もしかしたら六所権現・六所大神なのかもしれませんが、未確認です。
なお、大師堂は見当たりませんでした。現在の札所は東福寺であるとの情報もあります。
それでは、正福寺に参ります。参道を戻って県道280号線を左折(東行)します。坂川を渡って松戸市に入り、程なく左手に女体神社の看板が目に入りましたので、寄ってみます。
横須賀の女体神社前
横須賀の女体神社前

横須賀の女体神社

単立、女躰神社、松戸市横須賀1丁目26番7号。(千葉県の宗教法人名簿より)

横須賀の女体神社
横須賀の女体神社
横須賀の女体神社石塔背面
横須賀の女体神社石塔背面
ご祭神は、筑波女大神「伊弉冊尊」、筑波山の女体峰ですね。
また、県道280号線に戻って東に進みますと、左手に正福寺が現れます。
正福寺前
正福寺前

正福寺

真言宗豊山派、正福寺、松戸市横須賀1丁目17番6号。(千葉県の宗教法人名簿より)
江戸川八十八ヶ所38番&74番。
江戸川二十一ヶ所2番説あり。

正福寺全景
正福寺全景
山号は歓喜山。
境内の奥に本堂、境内入って直ぐ右に大師堂が2棟、同じく左に修行大師像があります。

本堂

正福寺本堂
正福寺本堂

38番大師堂&74番大師堂

38番大師堂&74番大師堂
38番大師堂&74番大師堂
写真右道路側が38番大師堂、左が74番大師堂です。
38番番号札
38番番号札
38番御詠歌額
38番御詠歌額
74番番号札
74番番号札

江戸川八十八ヶ所霊場開創の碑

さて次に、と思ったら、道路からは壁に隠れる場所に、江戸川八十八ヶ所霊場開創の碑がありました。

江戸川八十八ヶ所霊場開創の碑(38番)
江戸川八十八ヶ所霊場開創の碑(38番)
これは、昭和初期の江戸川八十八ヶ所再興時のものです。

次回は、中金杉の広徳寺

次回は、中金杉の広徳寺に参ります。千葉県道280号線に戻って右(西)に少しだけ戻ります。